妊活中の食生活も重要なポイント!

妊活中は食生活も重要なポイントになるってご存知ですか?妊娠力を高める食生活を意識することで、妊活の成功率をぐーんとUPさせることができるんですよ!ここでは、妊活に効果的な食生活をご紹介したいと思います。
MENU

妊活中の食生活も重要なポイント!

妊活に効果的な食生活とは?

妊娠力を高めるためには、第一にバランスのとれた食生活を心がけることが大切です。
特に、妊娠を希望する人は、以下のような点に気をつけていただければと思います。

 

たんぱく質を積極的に摂取する

肉や魚、卵、乳製品、大豆製品などに含まれるたんぱく質は、筋肉・皮膚・ホルモン・免疫体など、生命維持に欠かせない要素を構成する大切な栄養素です。
妊活中は、たんぱく質を多く含む食材を最低でも2種類以上摂取するようにしてください。
難しく思われがちですが、メイン料理に肉や魚を取り入れ、副菜に納豆や豆腐などを加えれば、それだけでも2種類以上のたんぱく質を摂取することができます。

 

鉄分、亜鉛、葉酸を多く含む食材を選ぶ

鉄分、亜鉛、葉酸は、特に妊娠を望む女性にとって重要な栄養素です。
鉄分は着床しやすい子宮の環境作りに効果があり、亜鉛には女性ホルモンの分泌を促進する働きがあります。
また、葉酸は卵巣機能を改善し卵子の質を向上させるほか、胎児の先天性異常を予防する効果も期待されています。
カキやレバー、緑黄色野菜など、上記の栄養素を多く含む食材は多岐に渡ります。
どんな食材がどのような栄養素を含んでいるかを知った上で、必要に応じてその食材を食生活に取り入れれば、体の内側から妊娠力を高めることができるでしょう。

 

妊活に悪影響を及ぼす食生活とは?

妊活に効果的な食生活がある一方で、悪影響を及ぼす食生活もあります。
どのような食生活がNGなのか、詳しく見ていきましょう。

 

体を冷やす食材ばかりを摂る

冷えは妊活の大敵です。体が冷えると血流が悪くなり、精巣や卵巣の機能が衰えてしまいます。一般的に、白い色をした食べ物は体を冷やすといわれています。白砂糖やパン、うどん、アイスクリーム、生クリームなどが当てはまります。また、レタスやきゅうり、トマトなど、生で食べることを前提にした野菜も体を冷やすといわれています。さらに、ビールやジュースなどの冷たい飲み物もダイレクトに冷えに直結します。こうした食べ物はできるだけ控え、摂り過ぎないように注意をしていただければと思います。

 

偏った食生活

好きなものばかりを食べたり、極端なダイエットをしたり、お酒を飲みすぎたり……というような偏った食生活は、妊娠力を低下させる大きな原因になります。健康的で妊娠しやすい体を手に入れるには、規則正しくバランスの取れた食生活が必要不可欠です。好きなものやお酒はほどほどにして、脂質・糖質・たんぱく質のいわゆる「三大栄養素」がバランスよく摂れる食事内容を心がけていただければと思います。

 

このページの先頭へ